投稿日:

転居が完了した後に必ずくるのが、新聞屋とN

転居が完了した後に必ずくるのが、新聞屋とNHKじゃないですか?まるで引越しを、のぞき見していたかのように機敏な対応です。最近は、パソコンが当たり前の時代なので、一昔前に比べで断りやすいと思います。ニュースは、スマホで見れますので、テレビがつながっていなくても全く違和感はありません。だから、NHKの受信料は払う必要はありません。引越しをしようと思うと、荷物を詰めて大量にあるダンボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんに混じって家財道具を運んだりと大忙しです。

一定時間行っていると、手の方は家具の重みで真っ赤になります。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手をしています。業者に依頼したとしても、自分用の軍手が必要だなと思います。単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへお渡しする心付けをいくらにしたらよいのか家内と打ち合わせました。引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業のために来られた方は2人だけで、全部で一時間と少しの作業でしたから、結論をいえば2人にお茶をふるまったくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。

最近我が家は、三回目の引越しの経験をしました。引越しの作業はいつも大変ですが、慣れたものです。荷造りから荷ほどきまで、ほとんど私の仕事です。

旦那は毎回家電、家具といった大きいものを掃除したり、片付けを担当してくれます。

ただ、この引越し時は洗濯機の水抜きを失念してしまったので、新居の洗面所が水びたしになりました。

私が住み替えたアパートはペットと住んではいけないアパートです。だけど、最近、隣から猫の鳴き声が耳に入るように変化しました。大家もそれを気づいており、何回も、何回も、指示をしたようですが、「飼養していない」と言うばかりで困ってます。引越し会社のアートは、テレビコマーシャルで見て存じでおりました。

ドラエモンがイメージキャラクターになっていたので、子供が希望することもあり引越しのアートを選択しました。

引越しのトラックにもドラエモンがプリントされていて、子供にとっても楽しい引越しができました、価格やサビスにも満足できましたから、引越しのアートにお願いしてみんな喜びました。借りていた部屋から引っ越す時は、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言いきったりすることはできないものの、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。これが敷金返還について何らかの影響を与えたとしても、不思議ではないでしょう。最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか自分で直せないような破損のことは、放置がベターです。

張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。
もう今時は、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような古くからおこなわれてきた習慣があります。

どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて「細く長く」お付き合いをという願いを込めたのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いします等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。

ですから、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであれば誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがやはり間違いがなさそうです。あえて業者名を挙げてみますと、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。こういった大手は、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。ノウハウもあり、手順もしっかりしていることが殆どですから質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。

引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。

何でその必要があるかというと、冷凍庫に付いた霜を溶かして、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことができるので、そのためなのです。あらかじめ水を取り除いておくことによって、冷蔵庫を移動させているときに、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防ぐという効果があります。

引っ越しの荷物の移動についてですが、置く場所をあまり自由にできない家電と言えばどうやら、洗濯機のようです。

洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、水道の近くに設置するしかない家電です。

具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、換気や、水漏れの対策は普段からこまめにチェックすると良いです。

いっぺんに引越しの見積もりを今まで利用したことがありませんでした。

何社にも問い合わせしなくてもよくて、大変楽でした。
問い合わせ後、引越し業者の複数から、見積もりに伺いたいと返信がありました。

ブッキングしないようにすり合わせるのが苦労しました。

引っ越しは段取りが一番大事です。
数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、当面使わないものから梱包しましょう。
日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。
ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開くときに役立ちます。電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きももれがないよう早めに進めてください。一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのがおかしいと思わなくなっています。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、大変なことがあったときに助けを求められるような関係はあってもいいのではないでしょうか。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶をすることがポイントになります。

住み替えをする際、貨物自動車を停めたり、荷物を通路に仮置きしたりするため、事前に隣の家に挨拶に行くのが世間の常識です。車の利用や通行の妨げになりますので、事前に同意を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。引越し会社に依頼した時は、そのような手間も代わりに行ってくれます。
渋谷から引越し業者に来てもらう